「スリーインアベッド」とは、1ラウンドで投げた3投すべてが同じナンバーのトリプル、またはダブルに入ることです。

 

例えば、

15のトリプルに3本
4のダブルに3本
などです。

 

スリーインアベッドというのはカジノのルーレットが語源となっていて、同じ場所に3つベットするという意味です。

 

余談ですが、

THREE IN A BED
THREE IN THE BLACK

 

aとtheの使い分け、気になってしまいます(^_^;)

英語の授業で習った覚えがある方もいるかもしれませんが、

aがつく単語は「その対象となるものが一つである」とき

theがつくのは「その対象となるものが特定のものである」ときです。

 

簡単にいってしまえば、

ベッドはひとつのセグメントに3本いれなければなりませんが、出来るのは40ヵ所あります。

それに対してブラックはインブル1ヵ所しかありません。

 

ここにaとtheの違いがでてくるのです(^O^)

IMG_3383

 

話は逸れましたが今回はこの辺で!

 

 

今後もオンラインダーツマシンのリース・設置など積極的に取り組んでまいりますので、価格など気になる点ございましたらお気軽にお問い合わせください(@^^)/
弊社ではVS-PHOENIX-s(フェニックス)もDARTSLIVE-EX(ダーツライブ)も取り扱っております。

皆様も良いダーツライフを満喫ください!!それでは!