こんばんは!日本ダーツリース奥本です!

今回は、新型ダーツマシンのお話を。

名古屋大会でお披露目された「VSPHOENIX S4」
IMG_1356

VSPHOENIX Sから大きく変わった点をご紹介します。

 

1、上下のモニターで別の映像が映るようになりました

これまで上下のモニターで映る映像が同じでしたが、VSPHOENIX S4は各々別の映像が流れるようになりました。

例えば

「BOXER」では
上の画面でこれまで同様攻撃側の映像が流れ、下の画面では攻撃されている側の映像が流れます。

「KUNITORI」では
上の画面でこれまで同様誰がどの陣地をとったかの映像が流れ、下の画面ではどの陣地をとったらどうなるかが映し出されます。

「COUNT-UP」では
上下の映像が合わさって一つの映像が流れます。

 

2、コインシューターが一つになりました

VSPHOENIX Sでは左右二つあったコインシューターが真ん中に一つになりました。

 

3、ゲーム選択画面がかわりました

これまでは上下に動かして選択していました。
IMG_1420

VSPHOENIX S4では左右に動かして選択になりました。
IMG_1361IMG_1363

 

4、セグメントが前から外せるようになりました

これはプレイヤーの皆さんにはあまり関係のないところですが、これまで後ろ側から外すようになっていたセグメントが前から外せるようになりました。
IMG_1369

 

と、こんな感じです(^○^)

 

名古屋出張は良い経験になりました。

余談ですが名古屋からの帰りは福岡まで一人で運転して帰りました(;・∀・)

名古屋出張はこれにて終了です。みなさんおつかれさまでした(*´ω`*)

 

それでは、今後もオンラインダーツマシンのリース・設置など積極的に取り組んでまいりますので、価格など気になる点ございましたらお気軽にお問い合わせください(@^^)/

弊社ではVS-PHOENIX-s4(フェニックス)もDARTSLIVE-EX(ダーツライブ)も取り扱っております。

皆様も良いダーツライフを満喫ください!!それでは!